【実況担当】「熊本×徳島」1-1 徳島勝ち点持ち帰れず

【実況担当】「熊本×徳島」1-1 徳島勝ち点持ち帰れず

熊本が前半リードで折り返す

前節からスタメン3人を入れ替えた熊本。
FW安 柄俊は北朝鮮代表招集から帰還して前節は途中出場だったが、
スタメン3試合ぶり。

DF園田 拓也も負傷からの復帰で3試合ぶりのスタメン。
FW八久保 颯は途中出場の松本戦で良い動きを見せていたが、
この試合で7試合ぶりにスタメン起用された。

前半11分に素早い攻撃から縦パスが安 柄俊に入り八久保へと繋げると、
DFとGKを引き寄せて嶋田へのラストパス。
今季4点目の嶋田のゴールで、先制した。
「先制を許さずに相手を焦らせて、良い流れのところで点を取りたい」と
試合前に話していた池谷監督のゲームプランは見事にはまった。

徳島は序盤からハイプレスで仕掛け、
ボールを握ってからペースを掴もうとしていたが、
序盤に高い位置のプレッシャーで少ないチャンスを活かした熊本が
ゲームスコアでリードする

ゲーム内容では徳島が主導権を握る

徳島は前節が途中出場だった広瀬 陸斗を
27試合ぶりにスタメン起用。
カルリーニョスもスタメンに戻して「4-4-2」を組んでくる。
11節の福岡戦まで起用されていた広瀬は右SBでの起用、
その場合は前節まで3バックシステムの右WB起用だった馬渡を左SBに起用した。

岩尾とカルリーニョスが機能してボールポゼッションは熊本を相手に圧倒。
両サイドの広瀬と馬渡は再三ゴール前にボールを供給し、
自らもシュートを放つが前半はゴールネットを揺らせなかった。

しかし、後半9分、
シュートがブロックされたこぼれ球を拾った馬渡 和彰は
ボールを相手の股の下を通して抜き去り、
右足を振り抜いてミドルシュート。
綺麗な弾道を描き、同点ゴールをあげた。

熊本はモルベッキ、中山、巻、を投入し、
前線を活性化しようとしたがチャンスを活かせない。
徳島も井筒、大﨑(淳)、を起用してゴール前に迫ったが
熊本のGK畑のファインセーブなどもあって
1-1のドローゲームとなった。

上位の結果次第では2位の可能性も残っていた徳島にとって
下位の熊本から白星を挙げられなかったのは痛い。
しかし、前回対戦では0-3で敗れていた熊本が
持ち味の守備と少ないチャンスを活かす攻撃がうまく機能し、
チームとしての強さは向上していたとも取れる。

徳島も3連勝とはいかなかったが、これで6試合負けなし。
確実にPO進出を得るには
残りの4試合でこの勢いを維持できるかにかかる。

 

 

最後にクリックのご協力をよろしくお願いします。
スポーツランキング


お知らせカテゴリの最新記事