J2第37節 3位長崎と21位山口が対戦

J2第37節 3位長崎と21位山口が対戦

J2第37節「V・ファーレン長崎×レノファ山口FC」取材予定

V・ファーレン長崎は自動昇格圏を争うために、
前節の町田戦はたとえ敵地だとしても勝点3が欲しかった。
山形戦に続いて勝点1を持ち帰る結果の間に2位福岡はしっかりと白星を重ね、
2チームの勝ち点差は3に広がっている。

高木監督は前節を終えて、
ホーム2連戦は
「アウェイゲーム2試合のドローが生かされるような内容と結果を求めたい」
としているし、
15日(日)山口戦、21日(土)名古屋戦と続く中では
まず21位山口との一戦は落とせない。

しかし、残留をかけて山口も負けられない戦いとなる。
福岡・名古屋からゴールは奪ったが、勝ち点は得られなかった。
20位讃岐との勝ち点差は7に広がっていて、
残り6試合の半分は白星を求められてくる状況だ。

このカードのここまでの対戦は
2016年からの3戦すべて長崎が勝っている。
前回対戦は4月29日(土)の第10節、
スコアレスで前半を終了したにもかかわらず、
後半はファンマがハットトリックを達成!
セットプレーでゲームを動かした試合だった。

 

V・ファーレン長崎の戦いを取材してきて5年目のフィナーレが近づいてきた。
プレーオフと自動昇格で前々違うことは
クラブはもちろん、サポーターも感じているハズ。
山口戦は譲れない戦いだ。

【テレビ中継】NIB<12:50~>
【ラジオ中継】NBC<12:59~>


お知らせカテゴリの最新記事