6年ぶりに大分銀行ドームに

J2リーグ第12節「 大分 × 大宮」の実況で
大分銀行ドームに行ってきました。

かつて群馬に住んで、ザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)を
取材していたころは毎年のようにリーグ開幕戦が
アウェイゲーム。


そのため、ホームの初戦で放送することに備えて
リーグの開幕戦は毎年敵地に乗り込んでいました。
今思えば、熊本や徳島などでも休みをもらって
無理してでもよく行っていました・・・


振り返れば、大分にも
2012年3月4日の「大分×草津」の取材で訪れていたので、
実に6年ぶりに大銀ドームを訪れたことになります。

   

 

試合は大宮が2-1でJ2首位の大分に勝ちました。
シモビッチ選手はベンチスタートでしたが、
戦力が充実している大宮の強さは十分に感じられました。

 

 

前半は大分が少ないチャンスを活かし、
初スタメンの清本選手が起用に応え
見事なシュートで先制点

そして、両WBを下げてしっかりと
組織的に守る時間帯もありました。

 

しかし、前半42分
大宮は嶋田選手がエリア内に切り込むと
素晴らしいシュートを放ち、同点に追いつきました。
レフティの嶋田選手が相手DFを右へ揺さぶり、
その後のシュートまでの一連の流れが早いうえに
理想の軌道を描いてゴールに吸い込まれました。

見事なプレーで同点に。

 

後半は両SBの酒井、河面の両選手の動きはもちろん、
中盤の三門選手も前の選手を追い越して
ゴール前に顔を出し始め、
大宮が徐々に動きを見せ始めました。

 

CKでキッカー大前選手のボールが
そのままゴールに入り、

大宮が逆転でリードする展開に。

CKはゴール前の展開で
その先を狙うようなボールを何度か見せ、
ここは初めから大宮は狙いがあったと思われます。
ただ、大前選手の蹴ったボールが直接入るのは
最高の結果だったでしょう。

 


大分は途中で選手を投入し、
システムを4-4-2にして対応しましたが、
残念ながら得点できず、2-1で大宮が勝ちました。

 


負けた大分は3節の岡山戦以来の敗戦になりました。

しかし、この日の清本選手は
非常に動きにキレを感じ、次節も楽しみです。


なお、この試合の嶋田選手のゴールは
DAZN週間ベスト5ゴールの中で
1位に選ばれています

 

 


試合観戦・取材後記カテゴリの最新記事